最近注目されている名刺管理ソフト【有料版と無料版の特徴を比較】

男女

電話業務の外注

通話

業者の比較ポイントは

事業を行っていく上で、電話の存在は欠かせませんが専門の電話担当者を置くほどの余裕がないような場合には電話代行を利用するのも手段です。電話代行は電話の対応を行ってくれるサービスで取次や電話に出られない場合には用件を聞きあとで伝えてくれるというものです。特に個人事業主や中小零細といった規模の小さな会社においては、有益な方法といえますし、また大規模な会社でも電話業務を外注することで人件費の削減にも繋げることができます。一方で電話代行サービスといっても会社によってサービスが異なります。このため導入するのであれば、それぞれの会社を比較しマッチングしたものを選ぶことが重要です。電話代行で比較するポイントは、対応能力と料金です。単なる取次であれば専門的なスキルは必要ありませんが、例えば弁護士といった専門性のある職業においては、電話に対応するオペレーターにも相応のスキルが求められます。このため業種による得意不得意がまずは電話代行会社を選ぶポイントです。料金に関しては、基本料金とコール数に応じて計算されます。多くの場合には月額料金が1万円から2万円程度で基本料金に100コール程度が含まれます。コールオーバーするとコール数に応じて100円前後の料金が必要です。またこれらコール数に関する料金のほか対応しているオプションも比較ポイントです。オプションとしては用件を文書化してメールで送信するといったものがあります。